保育園の送り迎えは自転車が 便利だけど雨の日はどうする?

スポンサーリンク
子供
スポンサーリンク

雨の日に 保育園まで子供を 連れて行くのは 大変です。

時間が迫っていて あせるのに
ただでさえ レインコートを着せるのに時間がかかるのに
子供が レインコートを着るのを嫌がったり 
あれこれと ハプニングが起こって 

「時間がー」と思っても
なるようにしかなりません。

雨だからといって 仕事は やすめませんし
保育園に いち早く つれて行きたい。

スポンサーリンク

雨の日の保育園登園手段

ベビーカーに レインカバーをつけて ママは 傘か レインコートをつける。

自転車に 二人乗りで レインコート、レインハットを 身につけていく。

抱っこやおんぶで つれて行く。

タクシーや バスで行く。 (台風や 嵐の時は 危険回避のためにもよいかも。)

レインコートやレインハット、傘で 歩いて行く。

スポンサーリンク

子供や ママ自身が 濡れないために

のベビーカーにレインカバーをつけて 歩いて行くは
子供も濡れなくて ママも レインコートをサッと
着ていくことができるので 通勤に要する時間に気をつけて
行く事が 求められます。

の自転車が 最も早く 到着しますが
準備には 注意が必要です。
準備という意味で 最も手がかかります。

子供に ヘルメットは 必ず着けましょう。

自転車に乗っての 傘さしは 危険なのでやめましょう。

レインコートは 適切なものを選ばないと
転倒などの危険を招きます。

気をつける点は どんな服を着ていても
上から がさっと着れるポンチョですが、
子供を 乗せている場合 
ひらひらした ポンチョだと
どこかに ひっかかった場合に
転倒の危険があるので
あまりおすすめできません。

袖はヒラヒラしたものでなく きゅっと締まったものをおすすめします。
ブレーキに引っかかったりしては危険です。

レインコートはロングのものが簡単で便利ですが
子供が小さいうちは 裾がしまった 
セパレートタイプのものをおすすめします。
レインコートの裾がチェーンに巻きこまれないような 長さで
ヒラヒラしないものが おすすめです。

頭の保護について

ママのレインコートは
フード付のものであってもレインハットを着けることを
おすすめします。
つばの部分が 透明になったものが安全です。

レインカバーについて

又 自転車にとりつけられる レインカバー
とても便利です。

直接体に雨が当たりにくいので おすすめです。

少々の雨だとぜんぜん濡れないのが大助かりです。
強めの雨でも よほどの風でもなければ濡れ無いことが助かります。

子供の乗せ降ろしが簡単で らくです。
専用バッグにコンパクトに収まるので
かさばりません。

装着・取り外しが簡単なものをえらびましょう。
生地そのものから水が染みこんでくることはありませんし、ファスナーから水が侵入することもないです。ホント全然濡れないです。
装着も簡単。頭からかぶせて、ファスナーを締めるだけ。カバーを付けたままの子供の乗せ降ろしもできるので、乗せ下ろし時も濡れにくいです。
実際にかぶせるとこんな感じです。足元までレインカバーがしっかり届いて中の締めゴムがよく効いているので走行中にバタバタすることもありません。

足まで含めてチャイルドシート全体をカバーしてくれるタイプのものは
足元・靴も濡れません。
身長は110cmの子供で 足は濡れませんでしたが
レインカバーによっては足が濡れたりするので
長靴を履く必要が あることもあります。

今は いろいろな種類のものがありますので
自分の自転車に合ったものが 選べます。

荷物は ビニール袋に入れて 荷台に乗せましょう。

雨の日の自転車は思ったより滑りやすいですし
視界も狭められて危ないです。
気をつけて安全な自転車ライフを送ってください。

の抱っこやおんぶ で 連れていく
は小さい間は抱っこやおんぶして
レインコートを来て傘をさせば
濡れることは あまり無いですね。

のタクシーや バスは 嵐や 台風の時は
危険な目にあうより 思い切って
頼むのも 一つの手段です。
そんな日は 混むので 早めに
頼む事が 肝心です。

いっそ 時間をとって
レインコートと傘で 道ばたの花など 
見ながら 楽しく会話しながら
歩くのも
かけがえのないひとときの思い出になるのでは?とおもいます。

スポンサーリンク

まとめ

 保育園に行くのに 雨が降ると 準備が大変です。
 子供に手がかかるのも今だけ。
 このひとときを 安全に 楽しく 過ごせるように
 憂鬱になりがちな雨の日の送り迎えを
 快適にスムーズに 笑顔で過ごせるように
 準備をととのえましょう。

タイトルとURLをコピーしました