「アスペルガーは 私の誇り」とグレタさん発言。アスペルガー強迫性障害 場面緘黙とは?

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク

「アスペルガーは病気ではなく、1つの才能。
アスペルガーでなかったら、こうして立ち上がることはなかったでしょう」
(本人Facebook 2/2の投稿より)

アスペルガーだからこそ、人とは違った視点で世界が見れるのです。
もし私がアスペルガーでなかったら、そんな風に世界を『外側から』見れなかったでしょう      
 スウェーデンのTVトークショー「Skavlan」より 

私のようなアスペルガーの人間にとっては、
ほとんど全てのことが白黒どちらかなのです。
私たちは嘘をつくのがあまり上手ではありません

(中略)

私にとってこれ(地球温暖化)は白か黒かの問題です。
生き残りの問題となればグレーな部分はありません      Greta Thunberg TEDより

9月23日にニューヨークの国連本部で行った演説が、
大きな反響を呼んでいるグレタ・トゥーンベリさん。
16歳。 
怒れる環境活動家として 一躍 有名になりましたね。

その行動や発言には賛否両論で 過激な発言や 
ストライキなどの行動に
批判も受け 
賞賛もされています。

グレタさんは、アスペルガー症候群と
強迫性障害、
場面緘黙であることを公表しています。

スポンサーリンク

アスペルガーの特徴

アスペルガー症候群は広い意味での
「自閉症」に含まれるひとつのタイプで、
幼児期に言語発達の遅れがなく比較的わかりにくいですが、
成長とともに対人関係の不器用さがはっきりすることが特徴です。

典型的な自閉症とはつがい知的発達と言語発達の遅れがみられないものを指します。
自閉症スペクトラムには2つの特徴があり、
まずコミュニケーションや対人関係の困難さがあり
限定的な興味やこだわりが強い点が挙げられます。
しかし知的発達・言語発達の遅れがないため、
表面上はコミュニケーションが取れることも多いことから、
大人になって初めてアスペルガー症候群と診断される方も多いです。

あいまいな表現や行間を読むことが苦手なため、
何となく話が通じにくいという面があります。
言外のコミュニケーション
(相手の表情を読み取る、身振り手振りなど)も
うまく理解することができません。

まとめると下記の様な 傾向が見られます。
偏食
特定の音や感触を嫌う(好む)
暑さや寒さ、痛みに対して鈍感
姿勢が崩れがちである
細かい作業が苦手
文字の読み書きが苦手
記憶力や集中力が非常に高い
ルールを忠実に守る
融通を効かせることが苦手
要領があまりよくない
会話が一方的
自己中心的な行動をしてしまう
空気が読めず、場にそぐわない発言や行動をしてしまう
他人に対する興味が薄い

スポンサーリンク

アスペルガー症候群治療法

アスペルガー症候群そのものの治療法はまだ存在しません。
アスペルガー症候群の原因である脳機能の障害を改善する治療技術が確立されていないためです。

そのため、治療の中心は カウンセリングや精神療法となります。

物事のとらえ方や行動の癖を把握し、
客観的な考え方や行動へと修正していく「認知行動療法」は、
不安やストレスを減らし、気持ちを楽にすることに役立ちます。
また、カウンセラーとの対話を通じて自分の抱える悩みやつらさの解消を目指す
「カウンセリング」を受けることも有効です。

場合によっては 薬物治療も 適応されます。

スポンサーリンク

強迫性障害とは?

出かける時に鍵をかけたかな?時になることがありますよね?
その心配が度が過ぎ、生活に支障を来すほどになったり
数字にこだわって 何もできなくなったり
ばい菌にこだわって 手ばかり洗っていたりして生活に
支障を来すことをいいます。

スポンサーリンク

場面緘黙(かんもく)とは?

場面緘黙(かんもく)とは、
家などではごく普通に話すことができるのに、
例えば幼稚園や保育園、学校のような「特定の状況」では、
1か月以上声を出して話すことができないことが続く状態をいいます。
典型的には、「家ではおしゃべりで、
家族とのコミュニケーションは全く問題ないのに、
家族以外や学校で全く話せないことが続く」状態です。
この症状のために、本来持っている様々な能力を、
人前で十分に発揮することができにくくなります。
そこで話せない症状が何か月、何年と長く続くこと」
「リラックスできる場面でも話せないことが続くこと」です。

人によって症状(話せない場面・程度)にかなり差異がありますが、
話せない場面のパターンはその人ごとに一定しています。

スポンサーリンク

まとめ

グレタさんは自分の 障害を 理解し、
行動していますね。

これからの 発言や 行動に 注目です。

タイトルとURLをコピーしました