今江敏晃のお嫁さんはどんな人?年俸はどれくらいだろう。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

今回は、東北楽天ゴールデンイーグルスの今江敏晃(今江年晶)さんに関することを見てまいりたいと思います。
今江敏晃(今江年晶)さん本人も話題ですが、彼の嫁がどんな人かも話題みたいですね。
年俸がいくらなのかも気になります。
そこで、今江敏晃(今江年晶)さんの嫁、年俸などといった情報を調べてみることにしました。

スポンサーリンク

今江敏晃さんの経歴

今江敏晃(今江年晶)さんは、1983年8月26日、京都府出身の36歳。
全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップにおいて、見事、全国優勝するなど、少年時代から活躍してきました。
2001年、ドラフト会議で指名され、2002年に千葉ロッテマリーンズに入団した今江敏晃(今江年晶)さんは、すさまじい飛躍を見せていくことに。
日本シリーズMVPに2度選出され、2005年から2008年まで毎年連続でゴールデングラブ賞を受賞したのです。
さらには、WBC日本代表にも選出され、主将も務めました。
そんな今江敏晃(今江年晶)さんは、2016年には、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍し、現在に至っています。
さて、これだけの活躍を見せていた今江敏晃(今江年晶)さんの年俸はどれくらいだったのでしょうか。
千葉ロッテマリーンズ時代は、2002年が720万円。
2003年が710万円。
2004年が730万円。
2005年が1350万円。
2006年が5500万円。
2007年が6500万円。
2008年が7300万円。
2009年が1億2000万円。
2010年が1億200万円。
2011年から2012年までが1億4700万円。
2013年が1億4000万円。
2014年から2015年までが2億円。
東北楽天ゴールデンイーグルス時代は、2016年から2018年までが2億円。
そして、2019年が5000万円でした。
最高で2億円とは、さすがの実力ですね。

スポンサーリンク

今江敏晃さんの嫁の過去とプロフイール

続いては、今江敏晃(今江年晶)さんの嫁も見てみましょう。
プロ野球選手の嫁といえば、ただでさえ興味深いところですから、一般人なのか、芸能人なのかなど、何かと気になりますよね。
嫁はどんな人だったのか探ってみたところ、今江幸子さんという女性だったことが分かりました。
今江幸子さんは、1974年2月22日、東京都出身の45歳。
なんと、今江敏晃(今江年晶)さんとは、11歳も年が離れた姉さん女房でした。
そんな今江幸子さんの過去ですが、水商売だったという噂も。
しかし、これは事実ではなく、実際にはレースクイーンをしていたそうですよ。
そのため画像もとても美人なのでした。
2人の馴れ初めは野球関係のパーティーで、今江敏晃(今江年晶)さんのほうが先に今江幸子さんに惚れたとのこと。
そして2004年にめでたく結婚し、2005年には長男に恵まれることに。
名前は陸斗というそうです。
これからも親子3人が末永く幸せであればいいですね。

スポンサーリンク

今江敏晃さんの恐妻と噂の嫁との関係

ここまで、今江敏晃(今江年晶)さんと今江幸子さんに関する、ほほえましい情報を見てきました。
しかし、この2人に関しては、ちょっと意外な噂もあったようなのです。
実は、今江敏晃(今江年晶)さんは恐妻家だというのですね。
今江幸子さんは今江敏晃(今江年晶)さんより11歳も年上ですから、分からないでもありません。
では、実際には2人の関係はどうだったのでしょうか。
今江敏晃(今江年晶)さんが恐妻家だったのは本当で、すごいエピソードが多々ありました。
今江幸子さんから蹴られるとか、女性から電話がかかってくると出られる、などなど。
しかし、恐妻家であっても、仲よくいっている以上、かえってパワーバランスがいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今江敏晃(今江年晶)さんはプライベートがうまくいっていた(?)ようで何よりでしたね。
一方、仕事面においては、2019年は、今江敏晃(今江年晶)さんにとって、不調の連続となってしまいました。
2020年こそは捲土重来を期してほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました